iPhone修理は横浜の非正規店で!バッテリー消耗などにも対応

iPhone Repair

iPhoneが有償修理になる場合

iPhoneを持つ男性の手

今では日常生活に欠かせない生活必需品となったiPhoneですが、普段からiPhone使っていると、急に操作不能になったり、操作をしている時に誤って落としてしまったり、ポケットから滑り落ち、トイレの水に浸かって故障してしまったりすることもあるでしょう。一度故障してしまうと自力での復旧は困難になってしまいます。
なので、故障した場合は修理業者に修理を依頼することになりますが、iPhoneは買った日から1年以内なら製品保証の適用範囲ですから、製品保証がある内に修理してもらうと良いでしょう。しかし、自分のiPhoneが故障した原因が保証範囲外だった場合、有償での修理になってしまいます。
製品保証期間内でも有償修理になるケースは、飲み物をこぼしてiPhoneにかかってしまったときの故障、トイレなどに落として水没させてしまった時の故障、バッテリーなどの消耗品が壊れた時、何かに擦れた時にできてしまった傷、落とした時にできた液晶画面のひび割れ、などがあります。iPhoneは身近な物なので、精密機械であることを忘れてぞんざいに扱ってしまいがちですが、故障して修理しようと思うと、下手をすれば何万円もかかってしまいますので、日頃から大切に使うことを心がけましょう。

記事一覧