iPhone修理は横浜の非正規店で!バッテリー消耗などにも対応

iPhone Repair

正規店と非正規店の待ち時間の違いについて

画面が光るiPhone

正規店か非正規店にiPhone修理を依頼する場合は、非正規店の修理だと正規店よりも安くサービスを提供していることが多いです。けれども、価格の安さだけでiPhoneの修理を依頼すると、修理から返ってきて使う際にエラーが発生して使用できない状況になることがあります。なぜなら、非正規店ではパーツの交換に純正品が使われることがないからです。
ちなみに、横浜の非正規店では端末を交換することはありませんが、正規店だと端末交換による修理が必要と判断されたら高額な費用を支払うことになります。また、iPhoneの修理において待ち時間に関しても、正規店と非正規店に違いがあります。正規店では予約が必須となり、予約をせずに直接行くとも修理を断られることがあります。その上、3日後や4日後でないと予約が取れないです。
けれども、横浜の非正規店なら予約を取らなくてもすぐに修理に取り掛かってくれることが多いです。そのため、急いでiPhone修理をしたい場合と、iPhoneが突然故障したけどすぐに使いたい場合は横浜の非正規店にiPhone修理を依頼するのがお勧めになります。正規店と非正規店では待ち時間に違いがあっても、予約を取ってから修理を依頼すれば修理を断られることなく、修理に取り掛かってくれます。

iPhoneのオススメ修理方法について

正規店にiPhone修理を依頼すると、正規店での修理は画面割れや電池交換は部分修理となります。けれども、水没したiPhone修理の場合は端末交換による修理になります。また、端末交換に掛かる費用は最新機種だと保証対象外だと約4万円掛かります。そして、非正規店にiPhoneの修理を依頼すると、各種交換が必要な部品のみの交換になります。
他にも、水没したiPhone修理であっても、正規店での修理と違って端末交換での修理でなく内部のクリーニング作業によって復旧させます。ちなみに、正規店と横浜の非正規店ではiPhoneの修理においてデータの取り扱いにも違いがあります。正規店で修理を依頼すると、必ず初期化してiPhoneを修理するので、iPhoneのデータが初期状態となって返ってきます。よって、正規店にiPhoneの修理を依頼する際は、データのバックアップを取ってから修理に出すのが基本となります。
一方、横浜の非正規店ではデータを初期化せずに修理を行うので、iPhoneのデータが残っている状態で返ってきます。とはいえ、横浜の非正規店に依頼してもiPhoneのデータが消えることがあるので、万が一に備えてデータのバックアップを取るのがお勧めとなります。正規店と横浜の非正規店でiPhoneの修理の仕方が異なっても、修理に出す前にデータのバックアップを取ればデータの損失を防ぐことが可能になります。

iPhoneの充電が早く無くなってしまったとき

私はiPhone愛用者です。キャリア契約の関係で2年に一度の買い替えをしています。そんな私のiPhoneの充電がものすごい早さで切れるようになってしまいました。詳しく話すと、充電マークは点灯し充電もされるのですが、いざ使うと5分ほどで電源がオフになってしまうんですね。
なので、充電器を差したまま(本来は推奨されない使用方法ですが…)iPhoneを使用していても10分も経たずに充電が無くなってしまうのです。充電スピードが追いついていないのです。私自身、ゲームもしませんし、普段から充電も20%以下になるまでしないようにしていたのですが、買い替えてたったの1年でこのような事態になってしまいショックを受けました。
そこで初めて修理をお願いしようと思い、iPhoneショップに持って行ったのですが、驚くべき事実が…「残念ですが、こちらのiPhoneは修理基準に満たしておりませんので、修理しかねます。」え、どういう事ですか?なにやら、バッテリーの消耗度合?を調べてみたら、81.4%だったと。
正規店では、80%以下でなければ修理ができないとの事。そんな基準あったんですね…なので今回は横浜にある非正規店でiPhone修理をお願いしました。5000円ほどでバッテリー交換してもらえましたよ。あと1年で買い換えるし、正規店では修理してもらえなかったので仕方ないですね。横浜にある非正規店では思ったより安くiPhone修理してもらえたので満足です。また何かあったら横浜にある非正規店でiPhone修理をしようと思っています。

記事一覧